カジノ事業における重大な課題と対策

イカサマ(チート)・不正、ギャンブル依存症、マネーロンダリング

カジノ事業者にとって避けては通れない課題3つ。

イカサマ(チート)・不正ギャンブル依存症マネーロンダリング

でも何にどう対応すればよいのか?本書では現在24時間365日これらの課題と 戦っている米国カジノから実際の事例や対策の実例を元に 3章に分けて細やかにご紹介する。

第一章:チートと不正(チートのテクニック、事件と対策)

ラスベガスカジノでのイカサマでカジノの損害額約51.8億円!?

事件発生件数574件、逮捕数602件 損害額約51.8億円。1日にすると事件発生件数1.5件、逮捕数1.6件、一日なんと1400万円の損害!―― これはラスベガスのあるネバダ州のカジノの年間の数字。マカオやシンガポール、韓国などのアジアのカジノでの不正摘発もニュースにはあがるが、ラスベガスの不正によるカジノの損害金額は桁ちがい。そしてこの数字にはなんとディーラーやキャッシャー、そして幹部までカジノ従業員の不正摘発件数も含まれている。 ブラックジャックでカードマーキング、ポーカーでカードスイッチング、クラップスダイススライディング、ルーレットでチップキャッピングとは?ではカード・カウンティングはどう取り扱う?

実際の現場で発生するイカサマは映画のような派手で手の込んだものは少なく実はもっとシンプル。だからこそワイワイとざわめくゲームフロアではなかなか発見しにくい。テーブルゲームディーラーがグルの場合はもっと発見しにくい。そしてもっとカジノを悩ませるのが「プロ」。

「プロ」のプレイヤー対応はどうしている?大金を勝ち取られていくのを見過ごす? プロのギャンブラーは頭の中でカード・カウンティングを行い、大勝ちする。他のプレイヤーには決して真似のできない鋭さでカードを目で追ったり、透視能力でもあるのかと思うくらいに次々をカードを読んでいく。でもこれは決してチート(違法)ではない。ではカジノはこれを見逃すのか?ゲームプレイのお断りをする?でも何を証拠にどう対応する?

“日本のカジノがどういうイカサマや不正対策をするか気になるところだ、
きっとアメリカよりハイテクな対策を施すんだろうな” ―某ラスベガスカジノベテラン監視スタッフ

“米国で見かけるチーター達は絶対と言って良い程日本カジノオープン直後には「市場を試しに」くるよ、米国のカジノ監視の世界では有名なミスターMは絶対に日本に現れる。”―某ラスベガスカジノ監視ディレクター


第2章:ギャンブル依存症対策

カジノ自ら「責任あるカジノ運営」レスポンシブルゲーミング

レスポンシブルゲーミングとはカジノ運営者としてレスポンシブルな(=責任のある)運営を行うということ。日本ではあまり耳にしないが、カジノを運営する諸外国ではギャンブル依存症や未成年のギャンブル防止などといった社会的悪影響への対策の総称として用いられている。

米国で「ギャンブル依存症の存在を一般にもっと知ってもらおう。」「ゲームをしすぎないように制御プログラム導入を」と率先して活動をしているのはカジノ自身、そして米国カジノ業界である。そして米国大手カジノ達は自ら資金を募りギャンブル依存症研究団体をも立ち上げ、これまでの依存症データにもとづいた医学的研究を全面バックアップしている。
――逃げずに立ち向かう。これが米国カジノの姿勢。
ではカジノは現場ではどう「責任あるカジノ運営」を行っているのか

  • ギャンブル依存症は秩序の乱れではなく「病気」、だから「治療」を行う

  • スロットマシンでクレジットカードは使えない、プリペイドカードならいいけれど入金制限付き?

  • カジノにプレイヤーが訪れた。でも入場させるとカジノには罰金が下る?

  • ロスリミット?負ける金額には制限を?

  • 「勝つかも?」とプレイヤーを興奮させてはいけない?

  • ギャンブルにはまって会社のお金に手を出してしまった、刑務所ではなくリハビリで公正?

日本にはパチンコでのギャンブル依存症が問題となっているが、パチンコとカジノは全く違う生き物。ギャンブル依存症への理解も違えば対象方も180度異なる。本書ではカジノの「広告」の書き方からカジノ運営者、関連企業としての対策プログラムの準備の仕方までご紹介。

第3章:マネーロンダリング対策

海外の問題ではない。対策を怠ると政府からは罰金、カジノの信用を失い、営業停止?

数年前の大王製紙の元会長によるカジノでのマネーロンダリング疑惑や、マカオで多発するマネーロンダリング事件の影響もあり、日本カジノ構想に関するニュースではマネロン、資金洗浄、AMLなどといった言葉が飛び交う。麻薬取引や横領などから得られた犯罪資金を金融機関を通してクリーンな資金に換金し、犯罪の足跡がつかないようにするこれがマネーロンダリングの仕組み。そしてカジノはこれに非常に利用されやすい!それ故世界的にも、米国内でもカジノとは厳重なマネーロンダリング対策取り締り対象なのである。そして対策を意図的に怠っていると政府に判断されると何十億円の罰金、刑事告訴に至ることも。

  • なぜカジノがマネーロンダリングに利用される?

  • カジノで発生するのマネーロンダリングの仕組みと方法とは?

  • どうやってマネーロンダリングをしようとしている人を見分ける?

日本政府も日本カジノのマネーロンダリング対策に米国カジノの対策事例を取り入れる方針の様子。そこでラスベガスでモバイルマネー導入へ向けて事業を展開し、厳しいマネーロンダリング規制の中ビジネスを行う弊社から現地での実際の規制と対策例をご紹介。


価格:1,080,000円 (税抜価格 1,000,000円)


勝手ながら、本書はカジノ関連事業を営む準備・検討されている株式会社企業様のみへの販売に限らせていただきます。何卒ご了承ください。

購入された企業様には製本された冊子2部を郵送、及びご購入完了後ワンタイムパスワード使用による専用Webページ(ご購入日から60日間のみ有効)からのダウンロードの2つの方法で本書をお届け致します。尚、ダウンロードされたレポートデータはコピー&ペースト、プリントアウトを制限させて頂いております。

テックファームホールディングス株式会社 コーポレート本部 松本
Tel: 03-5365-7888
E-mail: rdl@techfirm.co.jp

最近のイカサマ・不正・依存症に関するニュース