お急ぎの方はお電話にて
10:00〜18:00(土日祝定休)
03-5365-7877

IoT導入費用シミュレーター

IoT導入を検討されていながら費用感がわからず、
導入に踏み切れない企業さまがいらっしゃるのではないでしょうか。
導入目的や用途、規模感を6ステップ選択するだけで概算の費用感が掴める『IoT導入費用シミュレーター』をご活用ください。

IoTとは?
モノをインターネットにつなげることでできるようになる様々なこと
「IoT」とは簡単に言うと、モノにセンサーをつけ、センサーが取得した情報を活用できるようにすることです。 センサーをつけることによって、人と作業が複雑に絡んで今まで正確に把握できなかった状況や環境のデータを収集・管理することができるようになります。
見える化
遠隔操作
【IoTを駆使した新たな農業】
センシング技術で農作物や土壌の状態をリアルタイムで管理
農家の方々は毎日畑に出て、気温や湿度、土壌環境に毎日注意を払いながら長年の経験と勘を頼りに臨機応変に農作物を育てています。
しかし、日射センサー、土壌センサー、温湿度センサーをはじめとしたIoT機器の導入し農作物の状態をリアルタイムで『見える化』することで畑に行かずとも手持ちのスマートフォンやタブレットを通じて農作物や土壌の状態を把握できます。
また、各種センサーから得た情報をもとに、温度湿度のコントロールやビニールハウスの開閉、自動給水弁を『遠隔操作』することで農家の方々の労力や時間の大幅な削減が実現できます。
AI
【建設現場でのIoT】

建設機械や資材状況を
データ化して能率をアップ

IoTで取得したデータ解析のAI活用や、ロボティクスによる省力化など、AIとIoTを連携させることで、生産性が飛躍的に向上す
ることが期待されています。
日本には2000年代当初からこのような仕組みを取り入れた企業があります。建設機械(モノ)に製品の状態や稼働状況の情報を
収集するセンサーを取り付けて、そこから得られたデータを「見える化」し、故障に対する修理や、遠隔操作による盗難の防止機能などの提供で高い顧客評価を得ています。物流などいろんな産業現場で様々な企業でIoTとAIを取り入れる動きがどんどん加速
化しています。

ビッグデータ
【IoTで新サービス】
タクシー産業や宿泊産業など
IoTで既存産業に新たな価値を

2017年は「IoT元年」とも呼ばれている程、IoTの注目度が急速に上がりました。その流れと一緒にビックデータをどういう風に使うかも関心の的になっています。
IoTの何よりの真価は今までシステムの限界や労働力の問題で機会を逃していた、新しいビジネス市場を開拓できることです。
アメリカの某自家用車ライドシェアアプリの会社は、IoT技術をフルで活用して、今までなかった映画のような顧客体験を誕生させました。そしてビッグデータを収集・分析し、優れたアルゴリズムやAIによる需要と供給のマッチングを行うことによって革新的なビジネスの進化を成し遂げたと評価されています。新技術をどう活用するかによって新規事業者が明らかに優位に見えた既存の事業者を追い抜いて市場の未来をリードできる時代がきています。

IoT導入が急務となっています。
まずは導入費用からシミュレートしてみませんか?
関連ページ
テックファームでは蓄積されたIT技術でお客様のWebやアプリ開発をお手伝いします
テックファームのこれまでの開発実績はこちらをご参考ください
テックファーム株式会社
テックファームホールディングス株式会社
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー23F
03-5365-7888
©Copyright 2017 TechFirm Inc.

まずはお気軽にご相談ください

新規ITサービスの立ち上げや、既存ITサービスの改善でモヤモヤしていることがあればお気軽にご相談ください。

問題やモヤモヤの原因を見つけ出し、解決方法のご提示と、解決手段をご提供いたします。