UIデザイン

複雑なサービスや機能を直感的に理解・操作することを実現するためのインターフェイスデザインを行います。

誰もが直感的に理解・操作できるインターフェースを設計

利用者が直感的にサービスの価値を理解しながら、迷わず操作できるようにするため、UI(User Interface)の基本構造(導線)や色、動きの設計をおこないます。

画面機能構成(ワイヤーフレーム)によるプロトタイピングで基本アプローチを設計した後、デザインカンプなどでグラフィック的なアプローチを設計。全体を通して直感的で矛盾のない表現ルールにするため、部分的に切り出した設計ではなく、全体のUIガイドラインまでを作成します。

※UI設計についてはプロトタイピングとして利用することが多く、情報設計までの工程で作成するケースも少なくありません。

機能的側面から、最適な構成と操作感を追求

ユーザーが直接触れる部分であるユーザーインターフェースについて、テックファームでは、単なる見た目だけでなく、機能的な側面から設計をおこないます。

全体を通して機能するファンクションやアイテムなどの構成(組み立て)を「画面機能構成書(ワイヤーフレーム)」にまとめた後、ペーパープロトタイピング(ワイヤーフレームを使って操作感を確認する作業)などで全体の調整をおこなうことで、ユーザーが直感的に操作し、違和感なく次の機能に移行できるUIを徹底的に追求していきます。

まずはお気軽にご相談ください

新規ITサービスの立ち上げや、既存ITサービスの改善でモヤモヤしていることがあればお気軽にご相談ください。

問題やモヤモヤの原因を見つけ出し、解決方法のご提示と、解決手段をご提供いたします。