• STEP 1
  • STEP 2
  • STEP 3
  • STEP 4
  • STEP 5
  • STEP 6

導入目的は?

状態を監視して異常を検知したい

対応センサーによる検知情報をもとに
ヒトや機器の異常を通知します。
セキュリティだけでなく、
見守りや環境保全にも応用できます。

離れた位置からコントロールしたい

外出先から家電をコントロールしたり、温度が上昇した工業機械を遠隔から安全に制御します。

AIを使った予測をしたい

過去の設備データをAI分析し、現状と比較し故障時期や部品交換時期の予測をします。

モノのデータを事業に活用したい

IoT機器を通じて過去に蓄積したデータを収集し、分析すれば将来を予見でき、新しいビジネスや新商品の開発にも活用できます。

  • STEP 1
  • STEP 2
  • STEP 3
  • STEP 4
  • STEP 5
  • STEP 6

誰が確認する?

現場担当者

店舗や屋外といった業務現場で担当者がスマホやタブレット端末で利用します。

管理者

現場から離れた自社のオフィスで管理者がPCから利用します。

経営者

自社のオフィスで事業責任者や経営層がPCから利用します。

コンシューマー

一般消費者が自分のスマホからアプリを通じて利用します。

何を対象に?

機器やヒトの所在

大型機械や車両、稼働スタッフの位置情報を管理します。

機器やヒトの状態

大型機械や車両の稼働状況やヒトの状態をモニタリングします。

部品など大量のモノ

大型の倉庫に補完されている大量の物品を管理します。

環境管理

温度、湿度、照度など、屋内外の環境データを管理します。

対応エリアは?

自宅・店舗、低層ビル

路面店や戸建住宅、集合マンションなど、比較的限られたエリア。

高層ビルのワンフロア

従業員が200名程度在席する広さのオフィスフロア。

大工場や高層ビル全体

敷地が野球場数個分におよぶ大きな工場や地上60m程度の高層ビル全体。

大型施設

大型のショッピングモールや遊園地や動物園などの大型施設

広大な屋外

空港やコンビナートのような広大な敷地面積を有する超大型施設

データの取得頻度は?

ヒトやセキュリティの管理に適した頻度

リアルタイムで取得したデータを利用します。

機器の管理に適した頻度

1時間に4回のデータを利用します。

部品などのモノの管理に適した頻度

1時間に1回のデータを利用します。

農業や災害など環境管理に適した頻度

1日に2回のデータを利用します。

シミュレーション結果をメールでお送りします

質問 選択内容
導入目的は?
誰が確認する?
何を対象に?
対応エリアは?
データの取得頻度は?

※選択項目を変更する場合は、上部リストより選び直したいSTEPを選択してください。

※フリーメールアドレス(@gmail.com、@hotmail.com、@yahoo.co.jp、@icloud.comなど)でのご利用はご遠慮いただいております。
ご理解を賜りますよう、どうぞ、よろしくお願いいたいます。